2008年3月5日生まれ


by myeveryday05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お楽しみ発表会

4日土曜日は、保育園生活の集大成となる「お楽しみ発表会」でした。
写真は後日に。

運動会の後から少しづつ始まり、年明けから本格的に練習がハードになり、直前の1ヶ月くらいは、大変さが物凄く伝わってきました。

そんな中、家での特訓の成果もあり、逆立ち歩きが10メートル歩けるように!
跳び箱も11段に座れるようになってきたり、ラストスパートの上達は凄かったです。
母としては、体調管理と、気持ちのサポート。
しかし!
2月中旬に自分も仕事が忙しく発熱したり、発表会前の週に沙彩の咳がでてきたり、直前の木曜の夜には、凌が40度近い熱…。
沙彩と隔離したり、早退して医者に連れてって少しでも休めたり。
凌を隔離したり…。
そして、なんとか当日には沙彩は元気に参加でき、家族みんなで見に行くことができました。

沙彩達年長組は、跳び箱、体操、逆立ち歩きから始まりました。
ワタリドリに合わせ、みんながワタリドリのように、演技の息を揃えて、素晴らしかった。
辛い練習を乗り越えてきただけある仕上がりでした。

見事に逆立ち歩きも、歩ききっていました。
跳び箱では、どうしても直前まで1度も惜しくも跳べなかった11段を、1回目のチャレンジで跳ぶことができました!
本人もびっくりしたような顔でした。
最終段の12段にチャレンジしたのでした。

凌の時を思い出します。
凌も、当日に初めて10段を跳んだのでした。

鍵盤ハーモニカでは、ユーミンのハローマイフレンドを弾き、最後の全員合唱では、宇多田ヒカルの、花束を君に、をかわいいドレス
姿で歌いました。
難しい曲なのに上手に。凄い練習したんだね。

劇は、「ガンバの大冒険」でした。
夏に、劇団四季の舞台を見に連れていってもらうところからスタート。
沙彩は、やりたい役があったのですが、何度もじゃんけんに負けてしまい、台詞はそれほど多くない役になってしまい、悔しい思いをしていました。
でも、少ない台詞をかっこよく、ゆっくりとはっきりと頑張っていました。
練習の時には、休みのお友達の役を、立候補してやらせてもらったり、全部の台詞を覚えて頑張っていました。
母としても役決めで悔しい思いをしているのが切なかったけど、自信をもって頑張った沙彩をいっぱい誉めてあげたいと思いました。

本当に涙、涙の発表会でした。
思い出すだけで泣けてくる。
今回、沙彩のお陰で、最高の席で見ることができました。
抽選で入場順を決めるのですが、なんと沙彩が1番を引いてくれました!
「手に目がついてるから見えたの!」
と自慢気でした。
最高の席で、最高の演技をありがとう!
e0059938_17152636.jpg

終わったあと、意外と沙彩は解き放たれたごとく元気でした。
そして、数日半分くらい隔離状態だった凌との遊びに夢中なようでした。

体調管理のプレッシャーが半端なく、沙彩の練習によるストレスも伝わってくるし、終わったあと、本人以上に疲れはてて、私が数時間寝込んでしまいました。
終わったお祝いのお寿司も食べれず…。

今はほっとした気持ちと、保育園ロスになりそうな焦燥感と、卒園に向けて本格的になる謝恩会の準備のプレッシャーです。
気が抜けない…。

イベントの度、特にお楽しみ発表会では、保育園の先生方への感謝をとても感じます。
準備、練習から、物凄いエネルギーをかけて取り組んで頂いていると思います。
素晴らしい保育園、素晴らしい先生方に出会えたことに、心から感謝しています。
[PR]
by myeveryday05 | 2017-03-06 09:42 | 家族