2008年3月5日生まれ


by myeveryday05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

4時間の点滴

火曜日の朝、「学校行きたくない・・・」となんだか調子の悪そうな凌。
たまに聞くセリフなので、何度か行こうよ~と話してみるも、熱はないけど、なんとなくだるそう。
いつもなら、最後は、元気に何事もなかったように、いってきま~す!という感じのことが大半なのだけど、この日は違いました。
こんな時、行っても熱を出したりしたこともあったのでお休みすると、やはり午後15時には39℃の熱。(この日は祖母に留守番を頼みました。)
沙彩をお迎えして帰ると、夕方から沙彩も熱が出てきました。
その日は二人で、夜中に40℃近くの熱でぐったり。
次の日から結局金曜日まで3日間3人でお休みしました。

火曜日に何も食べずに寝た凌は、お腹すいた!と朝ごはんを食べるも、その後医者に行くと、吐いてしまい、熱が高いのもあり点滴を30分。その間、熱があるんだけど、元気な沙彩はうろちょろ、うろちょろ・・・。
しかし、その後も吐き気は治まらず、午後にも嘔吐。
結局ぐったりしてるので、夕方夜間救急へ。
吐き気止めの座薬を入れてもらい、数個処方され家に帰ると9時半・・・。
長かった・・・。沙彩は、熱は下がって来ており、病院の中で遊びまわっていました。
でも、夜中は、再び二人で40℃近い発熱でぐったり。

その後も、座薬がきれる頃に嘔吐で、熱は下がってきたのに夕方になってもぐったりで、TVを見る元気もなく、座ったり、立ったりもできない状態で、結局この日も時間外になってしまい救急へ。
熱があってもずっと元気で食べれる沙彩は祖母と留守番。

前日とは違う病院で、状態が前日より悪かったものあったのか、血液検査をしてくれて、とりあえず点滴をしながら結果を待ちつつ、この日たぶん初めてのおしっこがきて、尿検査もしました。
その結果、低血糖で、更に高ケトン体になっていることが判明。
(高ケトン体とは、低血糖が進み過ぎて、体の脂肪を燃焼してエネルギーを作っているために排出されるもので、ケトン体が高くなると、吐き気、頭痛、腹痛、関節痛など引き起こし、具合が悪くなるよう。)

原因が分かり、糖分を補給する点滴を追加。
合計4時間の点滴を受けました。
その点滴の間に、明らかに凌が回復していくのが分かりました。
まず、話だした!
ともかくぐったりで話もろくにしなかったのが、いつもの凌に戻ってきた!
顔色もよくなり、本も見せてあげたり、読んであげると、楽しむ元気も出てきました。
点滴の後、家に帰ると立てる!歩ける!と自分でも感動していました。
そして、看護師さんに一番いいと言われた、おいもの味噌汁の汁だけを飲むと、おいしさに感動して元気な顔を見せてくれました。
帰って来て一度吐いたきり、その後は嘔吐もなく、次の朝からは遊ぶ元気も、食べる元気も出てきて劇的な回復でした。

金曜日は、3人で遊べるくらい回復してきた二人。一安心でした。

今回の反省点は、たぶん吐いた後の看病がよくなかったのかも。
最近通っているアトピーのお医者さんでは、嘔吐の時はポカリではなくOS-1を飲むように指導していると聞いて、頑張ってOS-1を飲ませようとしたのがよくなかった。
おいしくないので、飲まない!
麦茶がいいというので、OS-1をしかも、多少薄めるといいと凌が言うので、薄めて少しと麦茶を少しづつあげて、少しづつ量を増やしていき、という水分補給をしていました。
吐き始めてから、その水分補給以外口にしていない凌は、塩分、糖分が不足していったのでした・・・。
ともかく、ポカリでも飲むならそっちの方が断然いい!と看護婦さん。
ダカラは、塩分ゼロのよう。アクエリアスよりは、ポカリの方が塩分が多いらしい。
そして、OS-1は理想ではあるけど、水で薄めちゃ意味がない!
(でも、薬剤師さんが、薄めると飲みやすいと言ってたんだもん・・・。)
OS-1に砂糖を入れて飲みやすくした方がよいと言われました。
そして、低血糖の時は飴玉をなめさせたりするとよいと。

おいもの味噌汁は、塩分と糖分と同時にとれるので、グットということでした。

でも、今までも吐いた時も麦茶だった我が家なのだけど、よく今まで問題なかったな~と。
今後は気を付けよう。

そして、食事も吐いても気にせず、欲しがるならあげてもよいと。
吐いても少しは吸収しているからと言われました。
(今回は、欲しがってもいなかったけど。でも、点滴後は、欲しがるだけ食べさせてあげるようにしました。おかゆから初めてね・・。)

看病疲れもだいぶ取れてママも含めてみんな元気になってきました。
沙彩の鼻水と咳が残ってるくらいかな。
やっぱり健康が一番!

救急の送迎や、沙彩の留守番などじいじ、ばあばには大感謝です。
元気になった凌が、じいじ、ばあばの助けへの感謝と、ママの看病にも感謝を感じてくれていたのがうれしかったです。

[PR]
by myeveryday05 | 2014-09-14 22:53 | 家族